視力回復

視力回復

眼鏡生活とサヨナラしたい人に、トレーニングや体操のご紹介。

視力回復トレーニング

視力回復トレーニングの必要性を感じていた私。
自宅でパソコンを使う仕事をしているので、常に目を酷使しているからです。
視力は、家にいる間ならかけなくてもいい程度。
車の運転をする時には必須です。
パソコン画面を6時間くらい睨みつけた後すぐに、
子供の保育園のお迎えに行くのですが
ある日気づくと、眼鏡をかけているのに、周りがぜんぜん見えません。
保育園に行く道、車の運転をしながら、冷や冷やしました。
なんとかたどり着き、我が子らを探すのですが、まるで眼鏡をかけていないみたいに
ボーっと見える感じで、どこにいるやらさっぱりわからず困ってしまいました。
これは、視力が本格的に低下する前になんらかの回復方法をとらなければ
いけないのでは?と思った次第です。

視力回復方法

視力回復方法で簡単なものってないのかなぁと
お得意のパソコンで検索していたのですが、これが案外、面倒なものが多いんですよね。

いえ、やることは簡単なんです。

まず、上を見て10秒、目を戻して閉じて10秒、左を見て10秒、戻して閉じて10秒・・・。
目の筋肉をほぐすんですって。
しかし、たった5分とか言われても、静止している待ち時間が長く感じられて
私は長続きしなかったんです。

そんな時に見つけたのが、ゲーム感覚で5分やればいいという方法でした!

こちら⇒視力回復&右脳活性プログラム「アイサプリ」

パソコン画面でできるので、私にはうってつけですし、ほとんど眺めていればいいだけの5分間なので
あっという間に終わってしまいます。
そもそも、今までの体操と違って、目だけではなく脳から目を活性化させようというものらしいので
ちょっと考え方が変わっています。
信じられないかもしれませんが、目を使えば使うほど視力が回復するのです。

眼科医の方の検証により出来上がったゲームなので、医学的根拠に基づいている方法です。

値段は19800円と、普段財布の紐が堅い主婦には気軽には買いにくいお値段でしたが、
眼鏡を新調するのにもそのくらいかかるよねぇ~と、購入してみました。
この先の人生どんどん目が悪くなる負のスパイラルにはまるより、
この回復トレーニングをすることで、もしかしたら眼鏡いらずの人生を送れるのではないかという希望に賭けたのですが・・・
どうやら、このままゲームを続けていけば、
度の進んだ眼鏡を購入する必要はなさそうです!
1年後に、免許の更新があるので、その時に眼鏡限定が解除にできればなぁというのを目標に
続けてみます。

視力回復 トップへ戻る